Releaseとして分類されたブログ

mo4ma、「精神・感情」、「身体・生活」、「行動・活動」、「環境・気づき」のKPIをもとに各アプリを統合したスーパーライフログアプリのプロトタイプ開発プロジェクトを始動
|プロトタイプ開発の目的 

統合アプリは、自身の心と体、活動データを統合、分析、管理し、自身の改善に役立てることが目的ですが、利用者によって統合したい(把握して、改善したい)対象は同じではありません。そこで、プロトタイプ開発では、多くの人に統合メリットがあると思われる4つのカテゴリから代表的なアプリを選択し、それらのデータを統合し、どんなデータ分析が可能か、役立つのか、利用ニーズやメリット等を評価・検証します。

今回、スーパーライフログアプリyouresponseでは、以下のKPI(Key Performance Indicators)の視点をもとに、3種類の統合アプリのプロトタイプ開発...
mo4ma、個人の行動データの統合によるQOLの向上、新たなデータ流通から商品開発を変革する、スーパーライフログアプリ&データエンゲージメントシステム開発プロジェクトをスタート

mo4maは、現状の各IoT サプライヤーが垂直型に取得し利用するデータのあり方を根本的に変革する、IoT利用者が自身の生活活動データや身体活動データを統合的に収集・管理できる専用アプリonto⁻appsを開発します。onto⁻appsは、水平型で収集される諸データをブロックチェーン方式でセキュアにデータ保存、蓄積、分析でき、利用者相互のノウハウ共有を可能とし、更にはサプライヤーへのデータ流通を通じてアットモスト・データエンゲージメントを実現します。

|特徴・メリット
  • アプリプラットフォームとして各種アプリを統合(ワンクリック・ライフログ・ログイン)
  • 個人情報の登録、更新の一元管理
  • 各アプリとの連携に...

mo4mは、ニュージーランドに本社、イギリス、米国に拠点を持つオンライン定性調査ツールのグローバルサプライヤーであるビジョンズライブ(VisionsLive)社の国内初の認定サービスプロバイダーとして、オンライン・フォーカスグループインタビュー、ブレインストーミング、ヒートマップ解析ツールのサービス、サポート、並びに定性調査コンサルティングサービスの提供を開始しました。

商品の評価にユーザ体験が重要性を増していますが、Harvard Business Review のレポートでは、80%以上の企業が顧客インサイト(潜在意識)の重要性を認識しつつも、商品開発にそれをうまく活用している企業は僅か23...

Goodwill Partnership Program Forパートナー

mo4ma では、オープンモデルによる「開発組織」と「マーケター」の製品開発・事業開発の推進役として「Goodwill Partnership Program」を運営しています。

Goodwill Partner(グッドウィルパートナー)は、画期的な新製品/サービス・新事業開発を目的に、開発組織とマーケティング実務者がオープンに結びつき(Connecting)、共同(Cooperation)、協力(Collaboration)するフレームワーク作りに様々な推進サポートを行います。

『「商品」と「事業」の様々な問題、難題に対するミライへのアプローチ』テーマに、1月16日(水)に第1回有識者座談会(後編)を開催致しました。今回は、2つのグループで「新商品開発」と「新事業開発」の各ミライを展望しました。


■”新”メンバの最近の注目、関心事

一般消費財開発分野:キリン株式会社 キリン食生活文化研究所 シニア・フェロー                      ...