どうやったら多様な人やステークホルダーが集まり、価値を生み出すコミュニティが作れるのでしょうか?
今回のコラムの最後に、そのヒントを探ってみたいと思います。


昨年10月27日、注目のスーパーマーケットがニューヨーク市ブルックリン区のネイビーヤードにオープンしました。


その名はウェグマンズ・フード・マーケッツ。
20.01.28 01:39 PM - Comment(s)
 第二回では、「心で望んでいる期待 ≠ 口で言った言葉」となる構造を解説しました。
今回は、依頼者が自分の「心で望んでいる期待」を理解していないために、その場の思いつきで依頼していることを構造で解説します。


 多くの人に、以下のような体験があると思います。顧客や上司の依頼通りにやっていたのに、できあがった企画書を見せたら「違う!」、「何を聞いてたの?」、「期待していたのに..」とダメだし。打合せを続けると、
20.01.23 03:11 PM - Comment(s)
多様性を体現する街、ニューヨーク。

力強い活動の中には、激しい議論を巻き起こしたり、ここまでやる?というような一見過激なものもあります。


例えば、動物愛護政策。

以前のコラムで猫の爪の除去手術を禁止し、違反した場合には約11万円の罰金を課す法案が2019年7月4日にニューヨーク市で可決されましたことをお伝えしましたが、グルメの都ニューヨークでフォアグラ禁止、2022年から罰金22万円を課するという法案が可決されました。
ニューヨーク市議会は10月30日、強制的に太らせたカモやガチョウの肝臓からとった高級食材フォアグラの販売・提供を禁じる法案を賛成多数で可決しました。

フォアグラの生産では、カモやガチョウ...
20.01.21 03:52 PM - Comment(s)

画像:https://usa.tommy.com/en/tommy-adaptiveより引用

Part2では社会に埋め込まれたインクルーシブデザインと新たな価値の創造を、
Part3では 多様な人を惹きつける街、コミュニティを作り続けるニューヨークご紹介します。

玩具メーカーだけではありません。

アメリカのアパレルメーカーのトミーヒルフィガーは2018年に"Adaptive clothing line"を発表し、障がいを持つ人向けに簡単に洋服を着ることができるアパレルラインの展開を開始しました。

残念ながら日本での展開はありませんが、この"Adaptive clothing...
20.01.15 02:42 PM - Comment(s)

皆さん、新年、明けましておめでとうございます。


2020年がいよいよ始まりました。2019年は令和元年がスタートし、そして2020年には東京オリンピックを夏に控え、ポジティブなムードで新年を迎えられたのではないでしょうか。

20.01.08 04:20 PM - Comment(s)