NYノマドコラムでタグ付けされたブログ

NYノマド 最終回 未来に向けた変化の兆し Part3&結び

最後にご紹介するのは、CEO自らが自分の給与を大幅に削り、社員の待遇の大幅改善にコミットしてコロナ禍の経営難を乗り越え、成長を続けている企業からの変化の兆しです。

ダン・プライス氏(Dan Price)率いるシアトルのグラビティ・ペイメンツ社(Gravity Payments)は2004年創業のクレジットカードの決済システムやオンラインペイメント関連のサービスを提供するスタートアップです。

6年前の2015年にダン・プライス氏は自身の110万ドル(日本円でおよそ1億2千400万円)の報酬をカットし、その代わりに130人全ての社員の給与を7万ドル(およそ790万円)以上に引き上げました。

彼の報酬も同...

NYノマド 最終回 未来に向けた変化の兆し Part2
ニューヨーク市では11月2日に行われた市長選の結果、2人目の黒人市長が誕生することとなりました。
民主党のエリック・アダムス氏です。

ニューヨーク市警、ブルックリン区長などを経て今回の当選となりました。

これは現職のデブラシオ市長が永らく反対してきた法案でしたが、次期市長のエリック・アダムス氏が支持を表明し、来月の定例会議において法案可決の見込みが強まっています。様々な国から多様な人々が集...
NYノマド 最終回 未来に向けた変化の兆し Part1
今年の感謝祭は11月25日木曜日でしたが、恒例の翌日の26日の金曜日から始まるブラックフライデー、そして29日のサイバーマンデーまでの間に大々的なセールイベントが繰り広げられました。

昨年のパンデミック下でのこのセールスイベントはオンラインショッピングがメインでの開催でしたが、今年はハロウィンイベント直後からブラックフライデーのプレセールがオンラインを中心に始まりました。

11月の1ヶ月間に渡ってこのオンラインホリデーセールが展開され、ブラックフライデーの当日は店舗での大々的なセールイベント等も行われ、マンハッタンなどでも混雑する老舗百貨店メイシーズの売り場などがニュースで流れていました。

サイバー...
NYノマド 最終回 未来に向けた変化の兆し プロローグ
皆さん、こんにちは。
早いもので、今月でアメリカ生活丸三年が経過しました。
2018年11月に初めてこちらに来た直後にメ―シーズの感謝祭パレードをマイナス10度という極寒の気温の中で震えながら見たことを思い出します。

この度、来年早々に日本に帰国することが決まり、皆様に永らくお付き合いいただきましたこちらのコラムも今月が最終回となります。
皆様にはこの場をお借りして、35回にわたってアメリカやニューヨークでの生活、出来事などを共有させていただく機会をいただきましたこと、改めてお礼申し上げます。
3年間のうち約半分はコロナ禍、そしてアメリカ大統領選挙、BLM運動やマイノリティへのヘイトクライムに対する運動...
NYノマド 第34回 様々なアメリカの商品サービスに見る、"効率"の哲学とデザイン発想 Part3
アメリカではネイトのショッピング体験のように、ここまで効率化できたら、それはすごい!と感じるようなサービスに出会うことが少なくありません。
残念ながら、私自身はユーザーではないのですが、機会ができたら利用してみたいと考えている"超効率化"サービスを一つ最後にご紹介したいと思います。