Tipsとして分類されたブログ

NYノマド 第24回 2021年の明るい未来を牽引する30歳未満の若者たち Part3

3番目にご紹介するのは、Maddie Hallさんです。


サンフランシスコベースのバイオテクノロジースタートアップ、Living Carbon社を創業し、なんと、従来よりも二酸化炭素をより多く吸収する樹木を開発し、気候変動という大きな環境問題にチャレンジしています。



NYノマド 第24回 2021年の明るい未来を牽引する30歳未満の若者たち

皆さん、新年明けましておめでとうございます。


2020年はコロナ禍で在宅時間が多かったせいか、あっという間に過ぎ去り、2021年を迎えてしまったような気がします。

2021年の幕開け、いかがお過ごしでしょうか。

アメリカではだいたい元旦1日の翌日、2日から仕事や学校初めとなりますので、すでに日常がスタートしています。

NYノマド 第23回 ニューヨーク州のピンク税廃止にみる"ソーシャルインクルージョン"のトレンドと企業の実践 Part.4

マイノリティを支援する活動を企業が展開する事例をいくつかご紹介しましたが、私自身が印象的だったのは、企業が製品・サービスを通じて提供している価値と共鳴するかたちでマイノリティ支援のメッセージと活動を展開している点です。


ご紹介した動画広告では、企業が自らの政治的、社会的、経済的、環境的な問題に対する立場を表明したアドボカシーの広告と製品やサービスの広告が一体となっています。


マイノリティ支援がSDGsやCSRとしてのみ行われるのではなく、自社の製品・サービス開発と提供、マーケティング、ブランディング、広告、ビジネス展開などの企業活動内に組み込まれ、展開されています。


そしてそこには、マイノリティの人...

NYノマド 第23回 ニューヨーク州のピンク税廃止にみる"ソーシャルインクルージョン"のトレンドと企業の実践 Part.3
11月第4木曜日のサンクスギビングデー(感謝祭)の前後から、アメリカではブラックフライデーやサイバーマンデーといった一年で最もショッピングのセールが行われるシーズンに突入します。ホリデーシーズンのショッピング需要の掘り起こしにテレビやソーシャルメディア、ダイレクトメールなどの広告が一気に投入されます。


セール情報がメインになることが多い広告コンテンツですが、ここ最近、以前に増して企業が提供する価値とダイバーシティやソーシャルインクルージョンのメッセージを重ねた広告を目にすることが増えたように感じます。